意外と馬が合った。マネジメント的仕事が面白い。

プロジェクトリーダーの役目が与えられて、どのくらい経っただろう。1ヶ月くらいかな?

デザインチームからシステム開発のチームに移籍してから約半年。

慣れないシステム開発の仕事に必死で取り組んでいたのもつかの間。

リリース済みサイトの保守を担う専門プロジェクトが立ち上がり、なぜかプロジェクトリーダーに指名されるという事態が発生しました。

もちろんエンジニアたちの先頭に立てるようなコーディングスキルは持ち合わせてはおらず(汗)。

マネージャーもそのことは承知の上で、それでもやれというからには、技術力以外の部分に期待してのことだろうと勝手に解釈しています。

コードを書くのはモノホンのエンジニアにまかせて、自分はプロジェクトの推進力を担保するポジションで力を出すことに決めた。てか、それしかできん。

人を相手に仕事をする。意味不明なタスクを翻訳しエンジニアに渡す。タスクを適切なサイズに細分化したりまとめたりする。スケジュールを最適化する。問題が起きないように仕組みを整える。人を鼓舞し、力を引き出す。外のチームの人と連携を図る。人と人をつなげる。

取り組んでみると、これがなかなかおもしろいです。自分でコードを書いていたときよりも、問題解決がドンドン進む。自分が書くよりちゃんとしたエンジニアが書いたほうが速くて質が高い。助けを求めたら、助けが来る。ほんとそれが嬉しい。

これからの課題は問題発見ができるようになること。プロダクトやチームの再編という視点を持っているし、そのためのアプローチ法も検討しています。もう保守ジャネーやこれ。

クリエィティブにあこがれていたのに、実はマネジメントに適正があったのでしょうかね?

いや、人前に出て話すのはやっぱり苦手。どうなることやら戦々恐々、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA